ブックレビュー 運のいい人の法則

こんにちは! 潜在保育士ワーママのpomme(ポム)です! 小学生一人、未就学児二人、合計3人の男の子のママです。

第3子の産休に入ってから1年以上お休みする中で様々な本を読んできたので、ブックレビューを徐々に書いていきたいと思います。

読んだ本は小説ではなくて、主に子育てに関する本やヘアメイク本、お片付けの本など、実践的なものになります。

まずは最近読んだ本から。

「運のいい人の法則」 リチャード・ワイズマン

 

運のいい人と悪い人は何が違うのか?というのを 心理学者のリチャードワイズマン博士が アメリカのテレビ番組と協力するなど、 大規模な調査を通して科学的に解き明かしていこうというものです。日本で言えば、ためしてガッテンみたいなものでしょうか。

この本を通して私が理解したことは 4つ です。

その1 運は主観的なもの

運がいいか悪いかは主観的なものであって、その人自身が感じる(決める)ことである。

自分は運がいいと思っている人は、自分の目標に向けて諦めずに努力し続けることができ、結果として目標が叶うことが多い。そして、やはり自分は運がいいとまた思い込むことができる。

逆に、自分は運が悪い、どうせできないと思っている人は少し逆境にさらされただけで諦めてしまう。そして、やっぱり自分は運がないなどと言い訳してしまう。

その2  行動!コミュニケーション!

何も行動しなければ変わらない。 運が良くなりたいならば行動することが重要

例えば 懸賞に応募することや 旧友に連絡してみること。 パーティー(日本で言えば飲み会?)で人に話しかけてみること。レジで前に並んでいる人に話しかけてみることなど。※新型コロナウィルスのせいで、気軽に雑談できなくなっているのは残念ですが

その3 前向きに物事を捉える

その1に関連することですが、同じ出来事でも運のいい人は 前向きにとらえることができる。

例えば交通事故にあって足を骨折してしまったときに、「なんて運が悪いんだ」と捉えるか、「事故に遭ってしまったけど骨折しただけで済んで良かった、なんて運がいいんだ」と捉えるか。

その4 直感を大切に

自分が感じる直感を大切にして物事を選択していくことが重要

例えば DV を働くような異性と 別れたくても別れられない、本当は一緒にいない方がいいと思いながらもズルズルと関係を続けてしまうなど。

そのような選択をしてしまうと悪いことが起きて後悔する羽目になる。 直感を信じてすっぱりと別れて新しい 道を歩き始めることで新しい運が向いてくるのではないか。

直感を磨くには落ち着いていることが大事。例えば瞑想(マインドフルネス)を生活に取り入れるなどして常に落ち着いた精神状態でいられるように心がける。

まとめ

この本に出てくる運の悪い人の実例を見ると本当にそんなことがあるのかと思うほどで、それは運が悪いと思わざるを得ない…というような事例が多くありました。

しかし著者が言うとおり 自分が運がいいか悪いかというのは 本人が決めることであり、同じ出来事があってもポジティブな側面を捉えて 「悪いこともあったけれどもこの部分は 良かった」というように、 どんな事においてもどんな状況においても良い面を見る見つけることができるというのが、一種の才能であり、心持ちにおいて非常に重要になってくるのだなと感じました。

日頃からそのような心がけを意識することで、運の悪い人も運のいい人に変わることができる、と最後に実験されているので、自分はネガティブだから無理と思わずに、誰でも実践してみると新しい日々が待っているかな?と思いました。

そしていつも前向きな気持ちでいられるとことで自然と笑顔が多くなり、その人の周りには人が集まってくるのでしょう。 いつもグチグチと文句を言っている人や愚痴を言っている人 よりも明るい人の方が一緒にいて楽しいし、一緒に話をしたいと思いますよね。

例えば口癖一つにしても「でも」「だって」などと否定する言葉ばかり言うのは よくないなぁと思いますし、自分の家族に対してもそのような発言が多くなかったかな?特に子供に対して の言い方は前向きなものにしないと!と思いました。

そして、しばらく連絡を取っていなかった友人 に連絡をしてみました。

現在は育休中で何の代わり映えもない日々が毎日毎日続いていて、ついつい消極的になってしまうのですが、新しい道を通ってみたり 新しいお店に行ってみたり新しい食べ物に挑戦してみたり、そんな変化が日々の生活のスパイスになってイキイキと過ごすことができるのかなと思ったので、意識して行動してみたいと思います。

また、運のいい人とは関係ない話ですが、認知症の予防に対しても、人に親切にすること や人とのコミュニケーションをとることが非常に重要であるという話を聞いたことがあります。

やはり人は一人では生きていけないもので誰かとお話をしたり 人に役立つようなことをすることで、自分は誰かの役に立っていてると感じられるんだな、それで幸せを感じたりする生き物なのだなあと改めて感じさせられました。