ジュニアNISA収支報告 2021年1月28日時点

こんにちは! 潜在保育士ワーママのpomme(ポム)です! 小学生一人、未就学児二人、合計3人の男の子のママです。

三男のジュニアNISAの積立を2020年9月に始め評価額を掲載してきました。

当初、投資信託8銘柄に投資していましたが、2021年1月から「全世界株式」一本に毎日2,900円、月66,700円積立投資することにしました。

全世界株式も、日本除くものにしようか迷ったんですが、全世界の株式市場の割合そのままで購入できるという「三菱UFJ国際−eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」に決めました。

また気が変わることがあるかもしれませんが…

投資結果は今のところこんな感じ。

+7.71%!

+20,131円です。やはりプラスだと嬉しい!

そして、2021年から始めた三菱UFJ国際−eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の結果は、こんな感じ。

 

+0.27%(+79円)とほとんど増えていません。まだ開始したばかりなのでしょうがないですね。

今は株価が結構上がっているので、この先どこで下がるのか?上がり続けると逆に不安です。早くそこそこの価格に下がってほしいような気も…

一週間前はこんな感じでした。

ちなみに、2021年のジュニアNISAの積立投資も半年分くらいはすでに確保できている、と先週書いたのですが、このお金を使って総合口座で配当&株主優待目当ての株を購入することにしました!

収入がない子どもの場合、年間の利益が38万円以下であれば基礎控除とよばれる所得控除の範囲内になるので税金がかからない(源泉徴収有りで税金を払った場合も確定申告で取り戻せる)そうなんです。

子ども名義ではジュニアNISA口座だけ、のつもりでしたが、このことをツイッターで教えていただいたので、ホールド前提で株を購入することにしました!

ただし、注意点が2つ。

  1. 必ず総合口座で購入しましょう!ジュニアNISA口座は年齢制限があって自由に売ることができません。
  2. 年間投資額は110万円を超えないようにしましょう。子どもに対して非課税で相続できるのは年間110万円までです。

我が家ではジュニアNISA口座で年間80万円の限度額まで投資するつもりなので、個別株は30万円以内で購入できるものに限られます。

個人的には個別株でマイナスになりまくりなので、懲りてインデックス積立投資に専念しようと思ったんですがねぇ…。つい誘惑に弱くて…

保護者のがつみたてNISAでなくNISA口座を開いている場合で、年間120万円の枠に余裕がある場合は、わざわざ子ども名義で購入しなくても保護者のNISA口座で同じように売買すると良いと思います。

ちなみに、現金も大事なので、夫名義で定期預金とか積立預金とかもあるので、当面の生活防衛費も確保していますよ。