ジュニアNISA口座開設!今だから始めるメリットもあり!

こんにちは!
潜在保育士ワーママのpomme(ポム)です!
小学生一人、未就学児二人、合計3人の男の子のママです。

長男のジュニアNISAは2018年に、次男は2020年初に口座開設していましたが、三男の分も投資開始することにします!
ドル建ての保険などいろいろ検討したのですが、三男については学資保険を契約しないことにしましたんです。
ジュニアNISAは投資なので100%増える確証があるわけではないのですが、長期でインデックス積立投資にすることで100%に近い確率で増えるかなと思っているので、投資開始当初から増減を公開していこうと思います!

ジュニアNISAとは?

ジュニアNISAは0歳から19歳までの未成年のみが開設できるNISA口座で、投資自体は親権者(二親等以内の親族)か本人が行います。
非課税枠は年80万円まで、5年間です。
ジュニアNISAは、18歳になるまでは引き出せないという制限があったためか、NISAやつみたてNISAと比較すると口座数はあまり増えなかったようです。
そのためか、口座開設は当初の予定通り2023年までで終了となり、法改正により2024年以降は18歳未満であっても引き出せるようになるとのことです。
子どもの教育費として使いたいときにマイナスになっていたらどうしよう・・などと考えすぎず、気軽に投資にチャレンジできますよね!

将来の教育費としてインデックス積立投資!

投資可能枠自体は3人で年間240万円を使い切っているわけではないので、長男と次男の口座だけにしようかなと思っていたのですが、とりあえず口座開設だけでも・・と思い、三男の分もジュニアNISA口座を開設して、細々と積立投資をすることにしました!
今回、ブログを始めるにあたり、三男のジュニアNISA積立投資の増減も公開していこうかなと思います。

まずは銀行口座開設

私は自分自身と同じくSBI証券でジュニアNISA口座を開設したのですが、先に三男名義の銀行口座が必要です。
その銀行口座から証券会社の口座へお金を入れることになります。
すでにみずほ銀行の口座は持っているのですが、振り込み手数料やリアルタイム入金など何かと使い勝手が良いセブン銀行の口座を利用することにします。(息子三人ともセブン銀行でジュニアNISA口座を開設しています)
ここは好みの問題なので、楽天銀行と楽天証券のセットでも使いやすいと思います。
まずはセブン銀行のウェブサイトへアクセスし、新規口座開設。
残念ながら未成年の場合はネットで完結できないので、郵送での口座開設を希望し、本人確認書類と親権者(世帯主)の本人確認書類なども用意する必要があります。
数日で申し込み用紙が届くので、書類をまとめて郵送します。
この手続き類が大変なんですよね~~。
心折れそうになりますが、大変なのは最初だけですから!
がんばりましょう。

次に証券口座開設

銀行口座ができたら、SBI証券のウェブサイトからジュニアNISA口座開設を申し込みます。
これも数日で申し込み用紙が届くので、本人確認書類や親権者(世帯主)の本人確認書類などを郵送します。
ここでまた面倒なのが、住民票(個人番号つき)が必要なんですね~。
今は育休中なので動きやすい私が市役所へ行って住民票もらってきました。日夜忙しくされている方はここで諦めちゃいそうですよね・・・
また数日で口座開設完了のお知らせが届き、さっそく投資するぞ!と思いきや、まだ特定口座(課税口座)しかできておらず、ジュニアNISA口座ができるまでにはもうしばらくかかるようなので、その後に投資銘柄の設定と積立の増減を公開したいと思います!
乞うご期待!