小1息子が未経験からオンラインでそろばんを習い始めた話。

こんにちは! 潜在保育士ワーママのpomme(ポム)です! 小学生二人、未就学児一人、合計3人の男の子のママです。

私は子どもの頃そろばんを習っていました。計算は大得意で、役立ったなーと思う習い事の筆頭がそろばんです。

計算が早く正確にできるだけではなく、集中力が養われ、スポーツが不得意な自分でも、そろばんで集中したときには、いわゆるゾーンに入った感覚を感じることができました。

次男はお勉強系があまり得意ではない様子で、繰り下がりのある引き算の計算で詰まってしまうことがしばしば。

これはまずいということで、ついにそろばんを習わせることにしました!

前置きが長くなりましたが、我が家が選んだのは、対面式の普通のそろばん教室ではなく、オンラインそろばん教室です

pomme
コロナ禍で、オンラインでできる習い事が増えましたが、そろばんまでできるとは…

オンラインでそろばんを教えてもらえるところを調べてみると、いくつか見つかりました。そんな中で我が家が選んだのはよみかきそろばんくらぶです。

特に以下の3つのポイントを重視して決めました。

  1. 続けられる値段であること
  2. 少人数で教えてもらえること
  3. 幅広い時間の中から選択できること

特に3点目は、リアル教室でなくオンラインそろばん教室に決めた理由の一つです。

近所にあるそろばん教室は、初心者は16時からということが多く、共働きで学童に通っている我が家には都合が良くなかったんですよね。

思い立ったが吉日!ということで、まずは無料体験に申し込み!

教室は日曜日お休みなのですが、体験の場合は毎日日程が用意されていて、1週間後くらいの日曜の朝に予約しました。

すると早速、ミニそろばんとテキストが郵送されてきました。こちらのミニそろばんは、子どもが使いやすい大きさです。入会しなくても返却の必要がありません。太っ腹!

その他に、体験時に自宅で用意しておいたほうが良いものが一つあります。

オンラインそろばん教室の場合は、ZOOM利用なのですが、先生の顔や手元が映る画面の他に、自分の手元を映すことができるように、カメラ付きの端末をもう一台用意したほうが良いです。

手元を見てもらわないと、指使いが合っているか先生に見てもらうことができません。

つまり、オンラインそろばんの際は、我が家から2台の端末で同じZOOM会議室にログインした状態になります。

pomme
体験時には自分が上からスマホを持って、子どもの手元を写していました。

入会後には、ダイソーで200〜300円のスタンドを購入して、昔使っていたスマホをセットしています。

Wi-Fiに接続できれば、古いスマホでも使えますよ、と体験時にアドバイス頂いて、確かに!!ということで、オンラインそろばん専用に古いスマホ1台を活用しています。

先生を映す画面としては、スマホだと画面が小さくて見づらいと思うので、ディスプレイサイズが大きいiPadを利用しています。

体験授業は20分程度で、その後説明がありました。マンツーマンだったので、気軽にいろいろと聞くことができました。

週1回(月3回)コースが標準なので、少ないのでは?と思っていたのですが、1年後にはそろばんで掛け算割り算くらいまで行けるとのことです。

九九もまだ触れていない次男なので、そろばんで計算ができるようになったら学校の勉強にも役立つかなと思い、入会することに決めました。

ちなみに、かかる費用はこちらです。

  1. 月会費5,500円(定員4名のグループレッスン)
  2. 入会費6,600円(通常11,000円で体験翌日までの手続きの場合は早割適用され6,600円)
  3. その他 毎年14,960円
    ※教材費8,800円+協会費2,200円+検定料3,960円教材費はダウンロード版

ということで、実際は5500円以上にかかります。入会費は1回きりなのでともかく、毎年かかる費用も月当たりに換算すると、月1200円程度なので、毎月の費用は6700円ほどとなります。

1回あたり50分の月3回授業ですので、1回あたり2200円くらい。

近所のそろばん教室は、1万円ほどで週3回とかなので、1回あたりに直すとリアル教室のほうが安いと思われます。

これまで3回レッスン受けましたが、2回やったところで6+3が、3回目では9-3がそろばんでできるようになっていました。

手元カメラの位置調整が少し難しいなというのはありますが、オンラインそろばん、概ね満足しています。

まずはこのまま継続してみます。